淀川でバーベキューをするなら、まずは基本から

バーベキュー

バーベキューを成功させるポイント

食材の量

バーベキューと言えばお肉です。淀川でも、牛・豚・鶏とお肉が良く食べられています。ですが、量を間違えてしまうと、大変なことになるでしょう。肉だけでは胃もたれしやすくなりますし、味の変化も少なくなってきます。一般的にお肉の量は、男性だと300g程で女性だと200g程が目安になると言われているのです。子供の場合は、中学生以上であれば大人と同量で良いでしょう。小学生くらいなら、大人の半分程度の量を用意しておけば安心です。また、野菜を利用することでバーベキューをより楽しむことができるのです。

お肉の焼き方

メインであるお肉の焼き方にも色々な方法があります。せっかくのバーベキューなので、様々な方法を試してみましょう。基本的に国内では直火焼きが主流です。これは焼肉と同じような焼き方で、初心者でも安心して肉を焼くことができます。薄切りの肉を約のに適した方法です。また、間接焼きは遠赤外線を利用する焼き方で、じっくりと食材に火を通すことができます。厚切りのお肉を焼く際に効果的でしょう。炭をグリルの端に寄せて、真ん中で肉を焼きます。アルミ容器などを使うと上手く焼けるでしょう。蓋を使うとより簡単に火が通せます。

野菜の焼き方

一般的に、バーベキューで使用される野菜は薄切りにされている場合が多いでしょう。薄切りにされてりることで、火が通りやすくなるからです。網に載せて焼くことが多く、串に刺して焼く場合もあります。ですが、野菜はまるごと焼くととても美味しく仕上がるのです。ジューシーに仕上げることができるでしょう。さらに、まるごと焼くことで迫力もでます。ピーマンやナス、とうもろこしなどはまるごと焼いてみましょう。ピーマンやナスの場合は、刷毛で野菜の表面に油を塗りながら焼きます。とうもろこしは皮ごと網で焼くと良いでしょう。

串焼きにする

バーベキューを刷る場合、食材を串に刺して焼くことが多いでしょう。この焼き方にもいくつかのコツがあるので覚えておくと、上手に焼くことができます。まず、一つの串に刺す食材を揃えることです。食材がバラバラになると、火の通り方もバラバラになってしまいます。できるだけ同じ食材で揃えるようにしましょう。また、串の一番先には肉を刺します。こうすることで、他の食材が落ちてこなくなるのです。串自体が先端から温まるので、焼き時間も短縮できるでしょう。そして、具の大きさにもこだわります。具の大きさは均一にカットしておきましょう。焦げや生焼けを防ぐことができます。

火おこし

バーベキューの命とも言えるのが火です。火をおこすことができなければ、バーベキューは始まりません。まず、用意するのが炭と着火剤でしょう。初心者の方は着火剤を必ず用意するようにします。着火剤があることで、より簡単に火が起こせるからです。また、通常ライターやチャッカマンを使用しますが、バーナーがあればより便利でしょう。バーナーの方が火力が強く風の影響も受けにくいので、初心者の方が火おこしする場合には最適と言えます。さらに、バーナーは調理にも使えるのであって損はないのです。炭は密集させずに隙間を空けておきます。小さい炭に火をつけ、うちわなどで煽って大きな炭にも火をつけていくのです。

人気の食材ランキング【お肉編】

no.1

牛ロース

一番人気は牛のロース肉です。色々な調理方法があるので、好みによって楽しめます。また、厚切りの牛ロース肉を使用すれば、豪快なステーキを焼くことも可能です。たっぷりと故障をかけて大きなステーキを焼いてみましょう。特に、大人数でバーベキューをするなら、大きな肉の塊があった方が盛り上がります。そのような理由から、牛ロース肉はとても人気が高いのです。

no.2

牛カルビ

2番目にランクインしたのが牛カルビです。牛カルビは焼肉の定番とも言われています。焼肉のタレとの相性も良いので、子供から大人にまで人気のお肉なのです。淀川では、バーベキューに子供が参加する場合には牛カルビを必ず用意するとも言われています。また、スーパーなどで手軽に用意できるのも人気の秘訣です。タレ以外にも、様々な調味料と組み合わえせて味に変化を付けるようにしましょう。

no.3

豚トロ

牛肉に続いて3位にランクインしたのが豚トロです。脂身が多いので、多少焦げやすい所もありますが味は抜群でしょう。肉汁がとてもジューシーで女性からの人気も高い肉です。比較的簡単に用意できる肉でしょう。塩ダレとの相性も良いので、通常のタレに飽きたら塩ダレで頂くことができます。バーベキューを飽きずに楽しむことができるでしょう。牛肉以外のお肉では、1番人気です。

no.4

鶏もも肉

鶏肉も人気のお肉の一つです。基本的にじっくりと火を通す必要があるので、時間がかかってしまうのが玉に瑕でしょう。味には定評があるので、根強い人気を誇ります。鶏もも肉の場合は、シンプルな味付けが好評です。タレも良いですが、ハーブや岩塩などで味付けする方も多いでしょう。火が通るのに時間が掛かるのでスタートダッシュが苦手です。牛・豚・鶏の順番で焼くのがセオリーです。

no.5

フランクフルトソーセージ

メインを張ることは少ないですが、必ずラインナップされる食材がフランクフルトソーセージです。子供からの人気は絶大でしょう。パンとの相性も抜群なので、ホットドックにして食べるのが人気です。様々な調味料との相性も良いので、使い勝手が良い食材と言えるでしょう。スープにも入れられますので、ポトフなどが作れるのです。最近ではカレー粉とケチャップをかけてカレーブルスト風にして食べる方も増えてきています。

大阪でバーベキュー器材をレンタルしよう
場所取りから撤去まで対応!

初めての方に

女性

場所選び

まず、淀川でバーベキューをするなら、しっかりとした場所を選ぶようにしましょう。場所選びにもいくつかのポイントがあります。まず、初心者の方がバーベキューを刷る場合は、炊事場やトイレなど設備が充実している場所を利用するようにしましょう。また、平地を選ぶことで、足場が安定します。道具を貸し出してくれるのであれば、貸し出して貰うほうが手軽です。忘れ物などの心配もないでしょう。また、場所を選ぶ場合には、写真などで確認することが大切です。管理人などがいる場所が初心者の向きとされています。何かあればすぐに相談することができるからです。また、車などでアクセスし易い場所なら、買い出しも容易に行えるでしょう。

道具を揃える

道具については、現地で貸し出してもらうのが理想です。ですが、バーベキューにはどのような道具が必要になるのか知っておくことも大切になるでしょう。基本的に必要な道具が分かっていないと、どのような道具を借りれば良いのか分からず困ってしまうのです。主要な機材としては、まずコンロやグリル、鉄板などが挙げられます。網やプレートがあればなお良いでしょう。また、トングも必要で、数種類用意しておきます。肉や魚、野菜や炭などトングは用途によって使い分けます。また、蓋などがあれば食材にしっかりと火を通すことができるので便利です。火おこしには着火剤とライターを用意しておきましょう。まな板や包丁、クーラボックスにコップ、皿などもしっかりと準備しておきます。

食材の準備

基本的に淀川では、バーベキューに必要な食材を用意してくれるサービスも利用できるでしょう。初心者の方なら、必要な食材を集める手間が省けるので便利です。また、バーベキューでは非日常を楽しむことができます。食材にこだわることで、楽しいバーベキューを演出することができるのです。肉は脂身が多いと焦げやすくなってしまうので注意が必要でしょう。できるだけ脂身の少ない部位を選ぶと良いでしょう。野菜は旬の野菜がベストで、夏ならナスやとうもろこし、ピーマンなどが人気です。魚介類は鮮度が大切なので、クーラボックスでしっかりと冷やしましょう。また、水はたっぷりと用意しておくことがポイントです。調味料もニンニクや生姜などでアクセントを加えてみましょう。